最近の活動

第14回
異文化の解読ワールドツアー
@アルゼンチン パタゴニア

第14回となる
子供書道ワークショップワールドツアーは地球の裏側、
アルゼンチン!
南米最南端のウシュアイアで開催されました。

ws14-1.jpgws14-4.jpg

ws14-5.jpg

数寄屋書道具のブランド
文房十賓
「にっぽんや玉手箱」

2019年コレクションはおかげ様で完売!
本年も様々な組み合わせが生まれ、
触れて選んで使う展覧会、盛り上がりました。

ホームページ更新
是非ご覧くださいませ。

newnippon3.jpgnewnippon4.jpg
newnippon2.jpgnewnippon.jpg



noshi.jpg

川邊りえこの3冊目の著書「熨斗袋 選ぶ、書く、伝わる」
(工作舎)が12月1日出版となりました。
日本文化の精神性をあらわす
包む慣習を若い方々に伝える為の
身近な手本本です。

熨斗袋の基本や歴史
カテゴリー別の手本
などで綴られています。

婦人画報1月号、ヴァンサンカン3月号に掲載されました。

fujin.jpg

105qYsU6pr2Sf6C1581916124_1581916373.jpg

雅藝文房十寶展
2019年11月18日(月)〜21日(木)
会場:日本香堂・香十

s-2.jpg

昨年、初発表した、「文房十寶展」ですが
好評につき、活動として年に一度の発表をしていくことといたしました。

第2回目の2019年コレクションは銀座の日本香堂さんのビルで四日間でございます。

お好みの書道具をカスタマイズして文房十寶を楽しんでいただけましたらと
皆様をお待ち申し上げております。

詳しくは下記サイトを御覧ください。

婦人画報11月号(2019年10月1日発売)に
川邊りえこ先生のコラムが掲載されました。

11_width308.jpg

11月号の婦人画報は「きもの」の総力特集。
きもの好きのひとりとして
川邊先生が作成した帯についての記事が掲載されています。

IMG_6177.png

日本雅藝倶楽部最年少会員の
中村梅丸さんがこの度
中村莟玉に御襲名

「莟」の書をお祝いに川邊が書かせていただきました。

楽屋でのスタッフさんのTシャツ
お引き出物の熨斗紙などに登場しています。
IMG_0653-2.jpg

a.jpg
今だからこそ本
未来にのこす
知の集約である文字

日本文化の精神論を
シリーズで出し続ける
プロジェクトが昨年からはじまりました。

ただ今、第1巻編集中でございます。


そしてこの度、国際出版事業
【一般社団法人雅藝日本文化協会】
のサイトがオープンいたしました。




皆様の力で、世界に残る日本文化の本を作り続けていきたいと思っております。
活動趣旨にご理解、ご賛同いただける賛助会員も、募集しております。

創業天生年間御香所 香十。
香十は、織田信長が天下をとった天正年間に京に生まれ、440年の歴史をもつ御所御用を務めた香司名跡です。

koju01.jpg

香りを紡ぐお線香とお香のお店「香十」。
三年前に発祥の地 京都店に続いて、銀座店も1/29にオープンいたしました。

川邊先生の英語と漢字のロゴが目印です。
香りのギフトをお探しの際は、「香十」へぜひ一度お越しください。

koju02.jpg

koju03.jpg
銀座百店会発行の「銀座百点」にて、 川邊りえこ先生のエッセイ「日本の精神美と美意識」が掲載されました。

ginza01.jpg

「日本人の目に見えない精神性を世界に伝えたい」という思いを胸に 立ち上げられた活動「日本文化の精神論」のシリーズ本の刊行や、 日々の活動、創作、挑戦を続けられる先生の思いと取り組みが綴られています。

ginza02.jpg
正統・本流・本物を旨とし、真に価値のあるものをご紹介する「J PRIME」に、川邊りえこ先生の記連載がはじまりました。

prime01.jpg

日本の職人によるモノ作りや日本の素材を提案する『にっぽんや工房』も運営される川邊先生が、日本人の日々の暮らしに取り入れていただきたいと願う逸品をご紹介していく連載でございます。

prime02.jpg

今回は、川邊りえこ先生が監修された「宴遊盃(うたげゆうはい)」のご紹介です。

遊びを楽しむ大名道具を復刻したお品です。