最近の活動

世界的な経済誌であるForbesの日本版6月号

O7Dn9bZBdkvWBlP1588828454_1588828487.jpg

混迷の時代に力を与える「新しい師弟関係」

7つの新しい類型のうちの

「教えない でも背中は押す」

に弟子歴半年の
榮太郎總本舗
取締役副社長
細田将己氏

との対談が掲載されています。

gvwqor42E2fiVZ61588828515_1588828520.jpg uWmzCsN6Qx4eiAW1588828544_1588828550.jpg

web版はこちらになります。

人気雑誌 「LEON」と「FIGARO」のウェブマガジンに川邊の記事が掲載されております。
ぜひお読みください。


「LEON」 ウェブサイトマガジン

連載 モテる旦那育成講座
「芳名帳に自信をもって名前を書けるのが大人の男ってもんです!」



「FIGARO」 ウェブサイトマガジン

川邊りえこが指南、日本文化入門。前編
「心を伝える、筆で書く文字の力。」


川邊りえこが指南、日本文化入門。後編
「贈る人へ心を込めて、ご祝儀袋の選び方。」

「茶の本」の紹介

| |
新幹線の中で届いた美しい本を開くと

神代文字を巨大に書くことに集中していた2007年のプロジェクト
組み立て式の移動茶室に書
須田悦弘の花を挿した和紙と布で巻いた瞬間の茶会
のページが出てきました

bookoftea3.jpg bookoftea2.jpg

二年前からスタートした
日本文化の精神論の英語でのシリーズ本を紡ぐプロジェクトは
そもそも、この「茶の本」に継ぐものとして
100年残すものをチームで目指しています

bookoftea1.jpg

第14回
異文化の解読ワールドツアー
@アルゼンチン パタゴニア

第14回となる
子供書道ワークショップワールドツアーは地球の裏側、
アルゼンチン!
南米最南端のウシュアイアで開催されました。

ws14-1.jpgws14-4.jpg

ws14-5.jpg

数寄屋書道具のブランド
文房十賓
「にっぽんや玉手箱」

2019年コレクションはおかげ様で完売!
本年も様々な組み合わせが生まれ、
触れて選んで使う展覧会、盛り上がりました。

ホームページ更新
是非ご覧くださいませ。

newnippon3.jpgnewnippon4.jpg
newnippon2.jpgnewnippon.jpg



noshi.jpg

川邊りえこの3冊目の著書「熨斗袋 選ぶ、書く、伝わる」
(工作舎)が12月1日出版となりました。
日本文化の精神性をあらわす
包む慣習を若い方々に伝える為の
身近な手本本です。

熨斗袋の基本や歴史
カテゴリー別の手本
などで綴られています。

婦人画報1月号、ヴァンサンカン3月号に掲載されました。

fujin.jpg

105qYsU6pr2Sf6C1581916124_1581916373.jpg

雅藝文房十寶展
2019年11月18日(月)〜21日(木)
会場:日本香堂・香十

s-2.jpg

昨年、初発表した、「文房十寶展」ですが
好評につき、活動として年に一度の発表をしていくことといたしました。

第2回目の2019年コレクションは銀座の日本香堂さんのビルで四日間でございます。

お好みの書道具をカスタマイズして文房十寶を楽しんでいただけましたらと
皆様をお待ち申し上げております。

詳しくは下記サイトを御覧ください。

婦人画報11月号(2019年10月1日発売)に
川邊りえこ先生のコラムが掲載されました。

11_width308.jpg

11月号の婦人画報は「きもの」の総力特集。
きもの好きのひとりとして
川邊先生が作成した帯についての記事が掲載されています。

IMG_6177.png

日本雅藝倶楽部最年少会員の
中村梅丸さんがこの度
中村莟玉に御襲名

「莟」の書をお祝いに川邊が書かせていただきました。

楽屋でのスタッフさんのTシャツ
お引き出物の熨斗紙などに登場しています。
IMG_0653-2.jpg

a.jpg
今だからこそ本
未来にのこす
知の集約である文字

日本文化の精神論を
シリーズで出し続ける
プロジェクトが昨年からはじまりました。

ただ今、第1巻編集中でございます。


そしてこの度、国際出版事業
【一般社団法人雅藝日本文化協会】
のサイトがオープンいたしました。




皆様の力で、世界に残る日本文化の本を作り続けていきたいと思っております。
活動趣旨にご理解、ご賛同いただける賛助会員も、募集しております。